いいことだけど時には大変
子供の「自分でやる!」

Line

子供の「自分でやる!」


(^o^)ちょっと きいて

子供の「自分でやる!」は、とても嬉しいことです。成長の表れであり、歓迎すべきことです。できないことに、挑戦することはとても大事なことですね。

   あらっ、えらいねぇ~(^o^)

とはいえ困ることも。明らかに、まだできないことまで、「自分でやる!」となかなか譲らず、挙句の果てに号泣ということも。一旦バランスを失った子供心、そのあとも大変です。

急いでいるとき、時間が無いときの出かける寸前、子供が自分一人で靴を履くと言いだして、靴に触ろうとするママやパパの手を払い除け、悪戦苦闘する我が子。「マジックテープを取らなきゃ、足が入らないよ」ママがいっても、マジックテープが何なのかさえ分からない我が子に空しく響くのでした。

   それはムリよ~(^_^;)

時間があるときなら、ゆっくりいろいろやらせてみるのも良いのですが、そんなときに限って急いでいるんですよね。不思議なものです。単に散歩に出かけるだけのときに、がんばってくれればいいのですが。

1.5リットルのペットボトルや、1リットルの牛乳パックから、コップに自分で注ぐと言い出すときも困りもの。「もう少し大きくなってからね。ママが(パパが)かわりにやってあげる」という言葉に応じる時はいいのですが、なかなか意固地になることも。ママやパパが気付かないうちに、自分で冷蔵庫から持ち出して勝手に挑戦したことも。もちろん、挑戦の結果は牛乳やお茶の洪水です。困った挑戦です。

   もぉおお・・・(^_^;)

逆に、そろそろ挑戦してもらいたいことなのに、また、もっと自分から進んでやってもらいたいことなのに、なかなか関心を持ってくれないということも多いです。なかなか子供心は難しいです。

我が家では、歯磨きがその一つです。下の子はそうでもありません(しまじろう効果かも!)が、上の子は歯磨きをなかなかしません。単に歯ブラシを渡しても、なかなか受取ろうとしないこともあります。そんなときは、しまじろうを使ってのママやパパの説得や誘導が始まるのでした。本当は、もっと自分から歯磨きしてもらいたいのですが・・・。とはいえ、自分が子供の頃のことを思い出すと、確かに歯磨きは面倒だったなぁ・・・(人のことはいえないかも・・・)。

なかなか挑戦しないものといえば、頭からお湯をかぶる頭洗いや、お湯に顔をつける顔洗いもそうです。どうやったら、やる気になるものでしょうね。

Line
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ



育児ハプニング集


気になる記事ピックアップ

幼児の夜更かし
昔は小学生くらいまでは夜9時には寝ることが普通だったと思います。8時に寝るという人も珍しくなかったはずです。.....

0歳の知育・・気になる0歳の知育、ムリしないでできる方法
0歳の知育のこと、気になりますよね?知育のことは気になっても、育児や家事、仕事の忙しさの中、特に何かをすることもなく時間だけが経っている感じ.....

遊び食い対策と「こどもちゃれんじ」
我が家では1歳半を過ぎた頃から、ご飯のとき、あちこち歩き回ったり、遊んだりして、なかなかご飯を食べなくなりました。「遊び食い」というそうですね。.....

箸の使い方
箸の使い方について、上の子は気がついたら使えるようになっていたので、下の子も特に指導することなく放っておいたのですが、一向にうまくなる気配がないのでした。子供によって違いますね。

子供ちゃれんじぷち 無料お試し教材お取り寄せ!!
ベネッセの「子供ちゃれんじぷち(こどもちゃれんじぷち)」は人気の しまじろう の教材です。 無料教材があるので、絶対体験してみるべきです。 .....

Copyright © 2007-2013 しまじろう@こどもちゃれんじde我が家の育児は・・・こどもちゃれんじ体験を中心とした育児のあれこれ. All rights reserved